ヴォーカル・アンサンブル カペラ 公式ウェブサイト

ヴォーカル・アンサンブル カペラ2018シーズン定期公演
ビクトリアのレクィエム
2018年1010日(水) 午後715
東京カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック関口教会)
開演20分前より音楽監督の花井哲郎による解説があります。

16世紀スペインの黄金世紀には文化芸術が花開き、すぐれた作曲家を輩出しました。なかでもビクトリアの作品は魅力にあふれ、現代の私たちに強く訴えかけるものがあります。素晴らしい宗教音楽を多く作曲しましたが、特に最晩年の 作品である6声のためのレクィエムは最高傑作というにふさわしい名曲です。庇護者として彼を支援したスペイン皇太后マリアの葬儀のために書かれました。ビクトリアの深い思いを円熟のヴォーカル・アンサンブル カペラが熱くよみがえらせます!

(音楽監督 花井哲郎)

演奏曲

トマス・ルイス・デ・ビクトリア
Tomás Luis de Victoria (ca.1548-1611)
 
死者のための聖務曲集 (6声のレクィエム) Officium Defunctorum
賛歌「王の御旗は進む」(スペイン様式による) Hymnus: Vexilla regis - more Hispano
エレミアの祈り Oratio Hieremiae
グレゴリオ聖歌 死者のためのミサより Gregorian chant, Missa pro defunctis

出演

superius: 花井尚美 安邨尚美 鏑木綾 田村幸代
altus: 青木洋也 渡辺研一郎 
tenor: 富本泰成 及川豊 根岸一郎 櫻井元希 
bassus: 谷本喜基 花井哲郎(音楽監督 Maestro di Cappella)

チケット料金[全自由席]

前売:一般4,500円 前売り:ペア8,400円
当日:5,000円
学生:2,500円
※学生証を提示のうえお求めください

※会員優先席あり

前売券取扱

e+(イープラス) http://eplus.jp/ 東京古典楽器センター 03-3952-5515
サンパウロ(「四谷」駅前) 03-3357-8642 
問い合わせ:フォンス・フローリス (平日10時−17時) 070-4123-0871 email:
contact@fonsfloris.com

主催:株式会社フォンス・フローリス

ヴォーカル・アンサンブル カペラ 公式ウェブサイト
ヴォーカル・アンサンブル カペラ 公式ウェブサイト Enter