ヴォーカル・アンサンブル カペラ ホームへ トピックス english english リンク コラムお問い合わせ CD 演奏情報 トピックス
トピックス


ヴォーカル・アンサンブル カペラ 友の会

会員募集

定期会員 賛助会員

vocal ensemble Cappella


 定期公演のご案内


ごあいさつ

ヴォーカル・アンサンブル カペラによるジョスカン・デ・プレのミサ曲全曲演奏、そして録音という一大プロジェクトも、いよいよこの定期公演のシリーズをもちまして、その大詰めを迎えます。10月の定期公演、そしてその直後11月に予定していますレクチャー・コンサートで、全18曲の通作ミサ曲をすべて演奏したことになります。CD のリリースも追って続きます。これまでカペラの活動を支えてくださった皆様には心から感謝申し上げます。

とはいえ、ジョスカンにはまだミサの断章という、単独の楽章がばらばらに作曲されているものもあります。そのような例を1月公演で取り上げます。それを機会に、デュファイなどほかのフランドルの作曲家によるミサ断章やミサ固有唱など、様々な音楽をポプリのように組み合わせて、彩り豊かで香り高いミサを組み立てたいと思います。そして7月には音楽史上最古の一人の作曲家による通作ミサ、マショーのノートルダム・ミサを久しぶりに演奏します。この曲については定評のあるカペラならではの、特色ある演奏をお聴かせできることと思います。

カペラとしても一つの節目を迎えるこのシリーズです。グレゴリオ聖歌、そしてルネサンス時代フランス・フランドルの音楽を限りなく深く追究し続けるカペラに、今年もご支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

花井哲郎(ヴォーカル・アンサンブル カペラ音楽監督)



●2013/2014シーズン定期公演 出演メンバーとプログラム

演奏:ヴォーカル・アンサンブル カペラ
superius  花井尚美 安邨尚美 鏑木綾(1月公演 田村幸代(1月公演
contratenor  青木洋也 望月裕央
tenor  及川豊 根岸一郎
bassus  櫻井元希 花井哲郎 Maestro di Cappella=音楽監督

特別出演(10月公演): 神戸愉樹美ヴィオラ・ダ・ガンバ合奏団


ジョスカン・デ・プレ ミサ曲連続演奏会 ミサ《アド・フガム》
2013年 10月16日(水)午後7時15分 東京カテドラル関口教会 聖マリア大聖堂(地図
公演ちらしグレゴリオ聖歌 ミサ固有唱
Gregorian chant, Proprium missae
ジョスカン・デ・プレ ミサ《アド・フーガム》、思い焦がれる心
Josquin des Prez (1450/55?-1521), Missa Ad fugam, Cueur langoreulx
オルランド・ディ・ラッソ スザンナがある日
Orlando di Lasso (1532-1594), Susanne ung jour
ほか

ヴォーカル・アンサンブル カペラはこの10月公演と、11月に行われるレクチャー・コンサートで、ジョスカン・デ・プレのミサ曲全18曲の演奏を完結させます。最後に残された2曲のミサは、どちらも「カノン」によって書かれた珍しい作品です。ミサ《アド・フーガム》では、曲の最初から最後まで二つの声部が同じ旋律をカノンで追いかけていきますので、その絡み具合を聴き取っていく楽しみがあります。そして、作曲家がそのカノンを4声体に仕上げたその芸術性に感嘆することと思います。大変好評を博した昨年10月のフルート・コンソートに続き、この公演ではヴィオラ・ダ・ガンバの合奏と競演します。
声楽と器楽の二つのアンサンブルが交互に登場し、ルネサンスのミサを華やかに飾りあげていく様子をお楽しみください。

ミサ断章の楽しみ 様々な作曲家の作品を集めて
2014年 1月12日(日)午後4時  カトリック由比ガ浜教会(地図)※鎌倉駅から徒歩10分
     1月13日(月・祝)午後4時  聖アンセルモ・カトリック目黒教会(地図
公演ちらしグレゴリオ聖歌 主の御公現の祝日ミサ固有唱
Gregorian chant, Proprium missae de Epiphania Domini
ギヨーム・デュファイ キリエ、グロリア
Guillaume Dufay (1397?-1474), Kyrie/Gloria
ジョスカン・デ・プレ クレド・ヴィレージュ I
Josquin des Prez (1450/55?-1521), Credo Vilayge (I)
ジル・バンショワ サンクトゥス、アニュス・デイ
Gilles Binchois (ca.1400-1460), Sanctus/Agnus dei
ハインリヒ・イザーク《 コラーリス・コンスタンティヌス》より 主の御公現の祝日のミサ固有唱
Heinrich Isaac (ca.1450/55-1517), Proprium missae de Epiphania Domini, Choralis Constantinus
ヨハンネス・レジス「 ああ、驚くべき交わり」
Johannes Regis (ca.1430-after 1482), O admirabile commercium
ジャン・ムトン「地の王たちは集まり」
Jean Mouton (before 1459-1522 ), “Reges terrae congregati sunt”
*演奏曲目は若干変更になる場合があります。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

1月はミサ「断章」を中心としたプログラムです。
そもそも中世からルネサンスの初期まで、ミサ曲の5つの楽章が一つの作品として作曲されることはほとんどありませんでした。14世紀の大作曲家マショーによるノートル・ダム・ミサ(2014年7月にヴォーカル・アンサンブル カペラ定期公演で演奏予定)は、一人の作曲家が作った現存する最古の通作ミサとして、例外的な存在です。この時代、ミサはそれぞれの楽章が単独に、あるいは二つの楽章がペアで、ばらばらな「断章」として作られていました。そのような様々な作曲家によるミサ曲の断章を集めて、さらに1月の大祝日である主の御公現の祝日にまつわるミサ固有唱やモテットを加えて、ミサの形式に組みました。
15世紀から16世紀初めまでの、フランス・フランドルの巨匠たちそれぞれの個性や、作曲様式の変遷もお楽しみ頂ける、実に多彩な、薫り高いポプリのような演奏会になることと思います。

マショー ノートル・ダム・ミサ
2014年 7月21日(月・祝)午後4時 聖アンセルモ・カトリック目黒教会(地図
グレゴリオ聖歌 Gregorian chant
ギヨーム・ド・マショー ノートル・ダム・ミサ Guillaume de Machaut (1300頃-1377), La Messe de Nostre Dame
ほか


●定期公演以外の企画

レクチャー・コンサート
「ルネサンス・ミサの魅力6 〜ミサ曲全曲演奏達成記念」
2013年 11月6日(水)午後7時 東京オペラシティ・近江楽堂
公演ちらし演奏曲目:ジョスカン・デ・プレ ミサ《シネ・ノミネ》
     Josquin des Prez (1450/55?-1521), Missa Sine nomine
お話:  花井哲郎
演奏:  ヴォーカル・アンサンブル カペラ

ジョスカン・デ・プレがお得意のカノンの技法を駆使して作り上げたミサ《シネ・ノミネ》を取り上げます。その構造と聴き所を実演を交えながら解説した後に、全曲を通して演奏します。このレクチャー・コンサートで、ヴォーカル・アンサンブル カペラはジョスカン・デ・プレ作曲による通作ミサ曲の全曲演奏を達成します。

チケット料金: ※全自由席 ※学生券は、学生証を提示のうえお求めください
[前売]一般4,200円 ペア7,400円 学生2,500円
[当日]一般4,700円
(友の会会員は500円引き。フォンス・フローリスへ直接お申込みください)

前売券取扱:
東京古典楽器センター 03-3952-5515  サンパウロ 03-3357-8642 スペース・セント・ポール 03-3941-4971
野上書店(目白駅前。店頭販売のみ)


●ヴォーカル・アンサンブル カペラ友の会のご案内

日本で唯一、ルネサンス宗教音楽を専門とするプロのアンサンブル、カペラの演奏を定期的に楽しみ、そしてその活動を支えていただくのが友の会の目的です。静謐な修道院での生活のように、日々の繰り返しのなかで深まっていく典礼に参加するように、グレゴリオ聖歌とフランドルのポリフォニーの響きのなかに身と魂を浸していく、そんな仲間にあなたも加わりませんか。

2003年シーズンから定期会員・賛助会員の制度を設け、定期的にヴォーカル・アンサンブル カペラの演奏会へご来場くださる多くの方に支えられて活動を続けてまいりました。おかげさまで、ジョスカン・デ・プレのミサ曲全曲演奏が、まもなく達成されます。また器楽奏者の方々との共演という、新たな試みも実施できることになりました。
今後の継続的な活動のために、次シーズンから料金を改定させていただくことになりました。どうか、ご理解をたまわるとともに、次のステップへの飛躍のために、さらに多くの方にご入会いただければ幸いです。


定期会員
1年間3プログラムを通してカペラの演奏をお楽しみいただける定期会員。
1回ずつのご購入よりもお得です。また、会報やライブCDがお手元に届きます。最前列の2列は定期会員の方のみが座れる優先シートです。特典をぜひ実感してください。

会費 10,500円
 *定期公演3回のチケット・各1枚のご購入代金。 通常の前売料金(4,200円×3回)より2,100円お得です。
 参考:前売一般 4,200円 ペア7,400円 当日4,700円 学生2,500円
特典 座席の優先確保
 最前列と2列目は定期会員用の優先席(先着順)。
*会場によっては会員の方全員がお座りになれないことがございますことをご承知おきください。
会員割引
 フォンス・フローリス主催公演チケットを割引価格でご購入いただけます。
(会員ご本人様1名分のみとさせて頂きます)
会報とライブCDの贈呈
 友の会の会報と、カペラ・ライブCD(非売品)を1枚贈呈します。
日程の振替
 2回公演に限り、ご都合が悪くなった場合もう一方の日に振り替えられます。
 事前にお知らせいただき、振替公演日に直接会場へお越しください。
プログラムへの芳名記載
 会員の方のお名前をプログラムへ記載させていただきます。匿名希望の方は、お申し込み時にお知らせください。

賛助会員

カペラの安定的な運営をご寄付で支えてくださる“ 賛助会員”を募っております。カペラの継続的な演奏活動のために、ご支援のほどよろしくお願いいたします。
会費 1口2万円  *定期公演3回のチケットを各1枚贈呈いたします。
特典 賛助会員の方の特典は定期会員のものに準じます。
   さらに会員パーティーなど特別な催事の際には優先的にご案内させていただきます。

ご寄付について

カペラの安定的な運営のために、ご寄付も広く募っております。1口1万円より、随時受け付けております。皆様のご支援のほどをお願いいたします。
連絡先: 大塚 otsuka@fonsfloris.com

●申込・お問い合わせ

(締切 2013年10月16日 水曜)
【手順1】 申込項目を事務局までお知らせ下さい。
【手順2】 会費をお振込み下さい。
(振り込み手数料はご負担下さいますようお願い申し上げます。)

会費、チケット代金お振り込み先(次のいずれかにお願いいたします)
三井住友銀行 都立大学駅前支店 普通1522278 フォンス フローリス
郵便振替口座 00140-3-354780 フォンス・フローリス
【手順3】 お申込みとご入金確認後、10月公演チケットをお送り致します。

■申込項目(継続の方は会員No.および変更点のみご記入ください)
(1)申込日
(2)お名前(ふりがな)
(3)申込種別:定期(口数)・賛助(口数)・寄付(口数)/合計額
(4)ご住所・ 電話・ファクス・ 電子メールアドレス
(5)ご希望公演日 【1月】12日 あるいは13日
(6)定期公演プログラムへの芳名記載を希望しない方はお知らせ下さい

■申込・お問い合わせ先
 フォンス・フローリス(大塚) otsuka@fonsfloris.com

多くの皆様からのお申し込みをお待ちしております。



copyright vocal ensemble Cappella all rights reserved.