ヴォーカル・アンサンブル カペラ 公式ウェブサイト

ヴォーカル・アンサンブル カペラ2019シーズン1期・定期公演
オケゲムのミサ《ミミ》
グレゴリオ聖歌とルネサンス・ポリフォニーによるミサ形式の演奏会
2019年526日(日) 午後5時 大森復興教会
2019年531日(金) 午後715
東京カテドラル聖マリア大聖堂(カトリック関口教会)
開演20分前より音楽監督の花井哲郎による解説があります。

*お詫び 5月26日公演会場は予定していた「カトリック由比ガ浜教会」から変更となりました。諸事情をお汲み取りの上、ご了承ください。

オケゲムは15世紀の音楽家の中でも特に際立って個性的な音楽を作った作曲家です。息の長い旋律線は繰り返し聞くたびにその滋養を増していくかのようです。一方で対位法の大家として複雑な作りの作品をいくつも残しています。高潔な人柄であったこともあり、同時代の多くの作曲家の模範となりました。
神秘的なミサ《ミミ》はその代表的な作品の1つです。ミミという名は謎に包まれていますが、各楽章の冒頭を特徴付ける主題から来ていると考えられています。また自身の作になる世俗歌曲「ほとんど死んでいるともいえるほど」との関連も指摘されています。このミサ曲を5月の祝日である聖十字架発見の記念のミサという枠組みで、その日のためのグレゴリオ聖歌にコンペールのモテットを交え、最後にオケゲムの死を悼んでジョスカン・デ・プレが作った名作「森のニンフ」とともに演奏します。

(音楽監督 花井哲郎)

演奏曲

グレゴリオ聖歌 聖十字架発見の祝日 ミサ固有唱
Gregorian chant, Proprium missae inventionis Sanctae Crucis
ジャン・ド・オケゲム ミサ《ミミ》
Jean de Ockeghem (ca.1410 - 1497), Missa Mimi
ジャン・ド・オケゲム 「ほとんど死んでいるともいえるほど」
Jean de Ockeghem, "Presque trainsi"
ロイゼ・コンペール 「勝利の十字架」
Loyset Compère (ca.1445 - 1518), "Crux triumphans"
ジョスカン・デ・プレ 「森のニンフ」
Josquin des Prez (1450/55?-1521), "Nymphes des bois"

出演

superius: 花井尚美 夏山美加恵
contratenor: 富本泰成 渡辺研一郎
tenor: 及川豊 櫻井元希
bassus: 谷本喜基 花井哲郎(音楽監督 Maestro di Cappella)

チケット料金[全自由席]

前売:一般4,500円 前売り:ペア8,400円
当日:5,000円
学生:2,500円
※学生証を提示のうえお求めください
※会員優先席あり

前売券取扱

e+(イープラス) http://eplus.jp/ 東京古典楽器センター 03-3952-5515
サンパウロ(「四谷」駅前) 03-3357-8642
問い合わせ:フォンス・フローリス (平日10時−17時) 070-4123-0871 email:
contact@fonsfloris.com

主催:株式会社フォンス・フローリス

ヴォーカル・アンサンブル カペラ 公式ウェブサイト
ヴォーカル・アンサンブル カペラ 公式ウェブサイト Enter