ヴォーカル・アンサンブル カペラ 公式ウェブサイト
カペラ 結成20周年記念演奏会1 ジョスカン・デ・プレ 聖母のミサ
2017年
716日(日) 午後5時 カトリック由比ガ浜教会
718日(火) 午後715分 カトリック関口教会・東京カテドラル
※両日とも開演20分前より音楽監督の花井哲郎による解説があります。

ヴォーカル・アンサンブル カペラは2017年で結成20周年を迎えます。
それを記念して、7月はカペラが20年間取り組んできた、ルネサンス音楽の巨匠ジョスカン・デ・プレの名作ミサ曲を演奏します。
グレゴリオ聖歌の聖母ミサの旋律を使ったこのミサ曲は、聖歌に準じて各楽章で旋法が異なります。
多くのルネサンスのミサ曲は、通常はひとつの定旋律などに基づいていますので、統一性がありますが、聖母ミサの場合はむしろ異質性を楽しめます。
それにジョスカンの聖母のモテット、また今年没後500年を記念するジョスカンと同時代のフランドルの大作曲家イザークによる、聖母被昇天の大規模なモテット、そしてグレゴリオ聖歌を加えて、典礼の形式で組んだプログラムです。

(音楽監督 花井哲郎)


演奏曲

グレゴリオ聖歌 Gregorian chant
 聖母被昇天のミサ固有唱
 Proprium missae de Assumptione Beatae Mariae Virginis

ジョスカン・デ・プレ Josquin des Prez (1450/55?-1521)
 ミサ《デ・ベアータ・ヴィルジネ》(聖母ミサ) Missa De beata virgine
  「思い起こしてください、おとめである御母よ」 "Recordare, virgo mater"
  「めでたし いとも聖なるおとめ」 "Ave virgo sanctissima"
 
ハインリヒ・イザーク Heinrich Isaac (ca. 1450/55-1517)
 「いとも聡明なおとめ」 "Virgo prudentissima"

出演

superius: 花井尚美 安邨尚美 鏑木綾 田村幸代
contratenor/tenor: 望月裕央 及川豊 根岸一郎 富本泰成 渡辺研一郎
bassus: 櫻井元希 花井哲郎(Maestro di Cappella=音楽監督)

チケット料金(5月24日発売予定)

7月16日
前売:一般4,000円 ペア7,400円
当日:一般4,500円
学生:2,500円

7月18日
前売:一般4,500円 ペア8,400円
当日:一般5,000円
学生:2,500円

※学生証を提示のうえお求めください
※全自由席

前売券取扱

東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650(セブン-イレブンでの引き取り可能)
東京古典楽器センター 03-3952-5515 サンパウロ(「四谷」駅前) 03-3357-8642
島森書店 0467-22-0266(7月16日由比ガ浜公演のみ)
問い合わせ:フォンス・フローリス (平日10時−17時) 070-4123-0871 email: contact@fonsfloris.com

主催:株式会社フォンス・フローリス
後援:ベルギー王国大使館
ヴォーカル・アンサンブル カペラ 公式ウェブサイト
ヴォーカル・アンサンブル カペラ 公式ウェブサイト Enter